フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

« HANAEMORIモーニングセット | トップページ | 家庭生まれのeco資源 »

2014年3月 2日 (日)

3.11を忘れない!!Day  ご協力ありがとうございました!

3月11日の売上金全額   2店舗合計 67,970円 
3月11日までの募金     2店舗合計 12,909円
 

は「福島ぽかぽかプロジェクト」に寄付いたします。

皆様ご協力ありがとうございました。!!

****************************

来る3月11日は

「3.11を忘れない!!」とし、この日の売り上げを全額
特非)FoE Japan「福島ぽかぽかプロジェクト」へ寄付します。

ぜひ、お買い物に来てください。
ご協力お願いします。



◆3月9日(日)は、天王町商店街の復興支援イベント「絆バザール」です。
この日は、天王町店も日曜オープンして、一緒にバザールを盛り上げたいと思います。
10時から16時と、いつもとオープン時間が異なりますのでご注意ください。


FoE Japan「福島ぽかぽかプロジェクト」
 3.11と原発災害から3年が経ちますが、多くの課題が未だに積み残されています。
避難や保養をめぐる動き、放射線量測定や検査から見えてくる健康管理の問題などです。また、支援が行き届いていない自主的避難者の現状も。
そして、
真の問題はこれから出てくるといってもいいかもしれません。新たに子どもたちに甲状腺がんが見つかるなど、健康への懸念が広がっています。
事故から3年、つまり0歳の赤ちゃんが、3歳になっているということ。そして、この子どもたちが、当たり前のことを当たり前に見、触り、匂いをかぎ、感じることができずに、あるいは外へ出たことも土の上を歩くこともなく育っていくことへの不安と、成長への懸念。

「除染がはじまって効果があがるまで、せめて子どもたちを一時避難させて!」との切実な声にこたえて、20121月~3月「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」を実施、渡利の親子や妊婦さんに線量の低い土湯温泉での短期保養を支援しました。全国から寄附が集まり、延べ1600人以上が利用できました。対象を福島市、伊達市、伊達郡に広げ「福島ぽかぽかプロジェクト」として継続。20133月までに延べ2900人の親子が参加しました。座談会やアンケートでは、「近いところで参加できるのがありがたい」「ぜひ続けてほしい」などの声が多く、5月からは、猪苗代のシェアハウスでの滞在プログラムを新たに開始しています。

プロジェクトでは宿泊費の補助、交通費、運営費など多くの資金が必要です。できるだけたくさんの親子が、できるだけ長い時間、避難できるように、どうか引き続きご協力をお願いします。

« HANAEMORIモーニングセット | トップページ | 家庭生まれのeco資源 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1756562/55197907

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11を忘れない!!Day  ご協力ありがとうございました!:

« HANAEMORIモーニングセット | トップページ | 家庭生まれのeco資源 »

無料ブログはココログ